債権者を認めさせる任意売却の金額

債権者を認めさせる任意売却の金額

債権者の中には任意売却をなかなか認めてくれない事があります。

競売でさっさと売ってしまった方が良いという判断もあるからです。

競売ですと、確かに金額は安いです。

しかし、安いので確実に売れるケースが多いので、おおきなメリットを感じている債権者も多いです。

 

そこで債権者は任意売却を認めないということになのですが、そのままでいていいわけではありません。

なんとか任意売却を認めさせる必要があります。

それには価格が必要です。
競売で売れる予定の価格よりも任意売却のほうが高く売れるということを証明するわけです。

路線価などを計算してその土地の実際の価格を導き出して任意売却業者などがいろいろと考えてくれます。

自分で何かしなければいけないということもありませんので、その点は安心しましょう。
また債権者が認めてくれるニに売却の金額ですが、一定基準があるかもしれません。

例えば、競売の価格よりも1.5倍以上というものです。

そういった基準を超えられるような額を掲示できるようにするためにも、

しっかりと任意売却業者には頑張っていただきましょう。

 

任意売却業者にまず聞くべき事

任意売却業者にお願いすることを検討されている方もいるでしょう。

住宅を手放して借金にけりをつける方法です。

住宅を手放すということはやはり苦渋の決断であることは間違いありません。

しかし、任意売却は活用すれば非常に役立ってくれる存在です。

有効に活用してよい任意売却をされるべきです。

 

任意売却をお願いする時には任意売却業者に頼ることになるのですが、

その時に注目していただきたいのがまずはどのような事を聞くのかということです。

いきなり最初から不動産の価格を聞いてしまう方もいます。

もちろん大事な事ですが、それはしっかりと良話し合いを進めてからです。

 

まず任意売却業者に聞くべき事ですが、競売との比較です。

競売と任意売却のどちらを選択したら得なるのかを聞いてみてください。

任意売却のほうがメリットが多いということもわかるはずですので、

自分の意思もその話を聞くことで統一できるはずです。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar