任意売却と不動産競売の違い

任意売却と不動産競売の違い

任意売却と不動産競売の違い

任意売却も競売も不動産を処分することには変わりはありませんが、その内容には大きな違いがあります。

売却価格について、任意売却では、市場価格と同程度で売却可能ですが、競売では、市場価格の7〜8割程度で落札されることが多く、その分だけ売却後の住宅ローンが残ってしまいます。

引っ越しについて、任意売却では、引っ越しの時期を調整してもらえます。また、売却費用の中から、引っ越し代を確保してもらえる場合もあります。競売では、引っ越しのことは全く考慮されません。その為、引っ越し先が決まっていなくても買い手が見つかれば強制的に退去させられます。

残債務について、任意売却では、仲介業者が交渉するので、柔軟に対応してもらえることが多いです。競売では、交渉がないので、残債務の交渉をしようとしてもうまくいかないことが多いです。

精神面について、任意売却では、外見的には一般的な売買と変わりませんので、周囲に知られることなく売却ができるため、精神的な負担はそれほどありません。競売では、家の情報が裁判所やインターネット、新聞、チラシ等に載ることがあり、周囲に知られる可能性があり、精神的な負担が重くのしかかってきます。

 

頼のある専門の任意売却の業者を紹介しているサイト

任意売却を行うためにはどのくらいの費用が必要なのでしょうか。

任意売却を行うために相談を行うための費用や専門の業者を紹介するための費用は、一切かからないようなところがあります。

紹介を行った任意売却の業者が仲介を行っているような場合、任意売却を行った後、手数料として債権者より売った代金から一定の費用をもらうそうです。

そのため、任意売却を依頼した人からは、費用をもらうことはまったくないため安心して相談ができるそうです。

インターネットなどを見てみると、信頼のある専門の任意売却の業者を紹介しているようなサイトもいろいろあります。

任意売却の業者を探す場合には、そのようなサイトを参考にしてみるのもいいでしょう。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar