任意売却物件を買う場合の注意点

任意売却物件を買う場合の注意点

任意売却物件を買う場合に普通の不動産売却と違い、注意することがいくつかあります。その中で任意売却物件は瑕疵担保責任の免責あるところが一番気にして欲しい点です。瑕疵担保責任とは、聞きなれないかもしれませんが、売り家に、もし瑕疵(欠陥)が発生した場合に、その修理代などは売主側が負担するという責任ですが、任意売却の場合は免責になっています。やはり返済が苦しくておこなう任意売却なのだから、瑕疵担保責任をつけても売主は修理代は払えないことがわかっているからです。ですから任意売却物件を買うときに気にするとよいでしょう。物件に不具合があっても買主がその修理代を負担することになります。ですが、市場価格よりも安めの任意売却物件は、その点を考慮しても魅力的な場合もあります。

 

任意売却とはどのような制度か

任意売却は、不動産の住宅ローンなどを返済できない状態になった場合、抵当権によって不動産が裁判所という国家権力によって強制的に売却されるのではなく、自宅の所有者がみずからの意思で自宅を売却することをいいます。住宅所有者が住宅ローンを完全に払えないという場合に、債権者に担保権を外してもらい、売却した資金を住宅ローンの残債務などに充てることが任意売却の流れです。

競売にしても任意売却にしても、家を手放すことにはなるのですが、任意売却を選択する方が、住宅ローンを滞納して悪い状況に持っていくより有利に物事を解決できることが多くなります。任意売却を業務として取り扱うことができるのは宅地建物取引業者のみです。時間が経つほど任意売却を行う時間は限られてしまいますので、早い段階から手を打っていくといいでしょう。

 

【東京都下(市部)】
八王子市/ 立川市/ 武蔵野市/ 三鷹市/ 青梅市/ 府中市/ 昭島市/ 調布市/ 町田市/ 小金井市
小平市/ 日野市/ 東村山市
国分寺市/ 国立市/ 福生市/ 狛江市/ 東大和市/ 清瀬市/ 東久留米市/ 武蔵村山市/ 多摩市
稲城市/ 羽村市/ あきる野市/ 西東京市
【東京都下(町村部)】
瑞穂町/ 日の出町

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar