債権回収会社からの任意売却の申請書

債権回収会社からの任意売却の申請書

任意売却というものは実が債権を回収する側からも求められるものになります。

債権を回収する側としても、任意売却のほうが大きな金額を回収できる可能性もありますので注目に値します。
ちなみに住宅金融支援機構のローンを6カ月延滞しますと債権の回収を債権回収会社へ任せるようになります。

その債権回収会社からの任意売却の申請書というものが届きます。

その申請書を出せば任意売却が認められまして、スムーズに売却することができるようになります。

 

しかし、その申請書について放置してしまう方もいます。

仮に任意売却の申請書を放置してしまいますと、その申請書は期日が設けられているわけです。

期日を超えると任意売却はしないものだと思って競売の手続きに入ります。

競売は任意売却よりも不利な金額で売却することになりますので、注意をして対応しなければいけません。

 

任意売却とはどんな手続か

任意売却について簡単に説明します。
住宅ローンが払えなくなった、あるいは、今は払えているけど、そのうち払えなくなりそうになったとしましょう。

そして、住宅ローンを払えないのならば、住宅を売って少しでも債務を減らしたいと考えたとします。しかし、住宅をローンを組んで買っている場合は、債権回収を確実にするために金融機関が抵当権を設定しています。

基本的には債務を完済しないと、抵当権は外せません。
そのため、住宅を売却するには、まず、金融機関と交渉し抵当権を外してもらわなければいけません。
このように、債務が残っている状態で、金融機関と交渉し、住宅を売却する手続きのことを任意売却と言います。

任意売却における交渉は一般の人には難しいので、任意売却業者に頼んでやってもらうことになります。

なお、任意売却は住宅ローン返済を滞納してからでないと進めることができません。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar