任意売却には債権者の思惑が大きく影響します

任意売却には債権者の思惑が大きく影響します

住宅ローンの返済のできなくなった人は、最終的には任意売却か自己破産かのどちらかを選択することになります。一般的に債務者にとっては、自己破産による競売より任意売却の方が有利と言われています。それは、任意売却の方が住宅を高く売れますし、残債の返済方法も債権者に考慮してもらえるからです。

しかし、それはあくまでも債務者からの見方であって、債権者は立場が違います。まず、任意売却をするには仲介手数料・抵当権抹消登記料・税の差押解除料・後順位担保権者の担保権解除料・引越費用、などの費用が掛かりますが、債務者が負担できないために、債権者が支払わざるを得ません。

また、任意売却後の債務がいくら残って、どのように回収できるのかも大きな問題です。

債権者はビジネスとして融資している以上、対費用効果で判断します。従って、任意売却における販売価格次第では、競売の方が有効と判断すれば、競売を選択します。

 

任意売却におけるサービサーの存在

住宅ローンの返済が難しくなると、任意売却をするケースが多くなりますが、任意売却後にサービサーから残債の返済を請求されることが少なくありません。サービサーというのは、任意売却後の残債を債権者から買い取ったり委託されたりして、債務の回収を専門に行う国の許可を得た業者のことです。サービサーは任意売却に大きく関わることから、銀行や信販会社、不動産会社の系列に入っている業者が多くあります。

なお、任意売却後の残債は回収が困難であることが多いため、サービサーの債権の買取価格は実際の残債額よりかなり低くなっています。

ちなみに、サービサーは債権回収を主たる目的とする会社であるため、消費者金融業等と同様な取立てに対する規制があり、例えば、早朝・夜間の訪問、執拗な電話、威圧的な態度などは禁止されています。

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar