任意売却で良い!と思えること。

任意売却で良い!と思えること。

任意売却の良いところのひとつに売却する私たちの要望を聞いてもらえるということがあります。

任意売却にいたるには沢山の葛藤があります。自分の家を売らなくてはいけないこと。

借金を返していく必要があること。そのような葛藤を抱えていると

先行き真っ暗になり、そして社会の弱者になったような気がして多大のストレスを抱えてしまうことがあります。

そんな時にもし私たちが任意売却を決定するなら、私たちの要望を聞いてもらえるので少し気持ちも明るくなります。

たとえば任意売却では引越しの日取りなどを自分たちの要望を聞いてもらえます。

もちろんすべてそのとおりになる保証はありませんが、引越しの日取りを相手に決められて

立ち退きするのでなく自分たちの意思で出て人生の再出発をしていると言う実感を

任意売却によって得ることが出来るでしょう。

 

任意売却を行うと債務が残ってもなくなる?

任意売却を行う会社のサイトの中には、『任意売却を行うと、債務が残ってもなくなりますよ』と紹介しているようなものを見かけることがあります。

例えば、5000万円の残債務に対して、3000万円で物件が売却できると、残債務が2000万円になっても、その残った2000万円の債務が任意売却を行うと、なくなるということですね。

この表現というのは、ただ単に任意売却のためだけの全く責任がないものです。

任意売却について少しでも知っている人であれば、すぐに間違いであるということがわかります。

しかしながら、任意売却を行う人は、経験がない方だけですので、そのような間違いがわかりません。

そのため、任意売却を行えば、債務がなくなるというような感じになってしまうのです。

 

■ 東京都下の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       

 

 

Calendar