不動産業界で重宝される資格

不動産業界で重宝される資格

不動産業界ではたらくのに、役立つ資格、求められる資格というのはたくさんあります。不動産で一番有名なのは、宅建主任者です。これは、毎年受験者が増えているというくらいに、一般でもたくさんの人が求める資格でもあります。重要事項説明をするため不動産としては必須だったりもします。

しかし、不動産に役立つ資格はこれだけではありません。

不動産におけるプロパティマネジメントの資格というのも最近はでてきています。また、難しいところでは、建築士の資格も、不動産業界では昔からとても重宝されています。

それ以外にも、不動産の現場では、いろいろな設備に携わることがあります。そのため、電気技師のような資格や技能というのも、やはり不動産の業界では重宝されるものだといえます。

 

インターネットで不動産屋さんに問い合わせる場合

インターネットから不動産屋さんに物件を問い合わせたり資料を送ってもらえるような時代になりましたが、メールで問い合わせをする場合注意が必要です。
繁忙期である1〜3月はとくにそうですが不動産屋も来店対応や内覧などの案内に忙しく、ネットできている問い合わせになかなか対応しきれない場合があります。

まず不動産屋に来店して着てくれたお客さんが優先順位としては一番です(ざわざ足を運んでくれるということはある程度頭の中に物件が思い浮かんでいるため成約の可能性が高い)。

次に電話、次にメールと優先順位が下がっていくのですが、メールアドレスに関しても、フリーメールかそうでないかの見分けは不動産屋も行っており、フリーメールで不動産屋さんに問い合わせた場合、見逃されている場合がありますので注意が必要です。

 

■ 東京23区内の不動産情報
       
       
       
       
       
       

 

Calendar