不動産投資セミナーで学べることとは

不動産投資セミナーで学べることとは

不動産投資とは、不動産を購入して転売したり、賃貸借に出したりすることでお金を稼ぐ投資方法のことを言います。現在では不動産投資に関するセミナー等があちこちで開催されていますが、一体どんなことが学べるのでしょうか。

この点、セミナーで学ぶことが出来る情報は多種多様です。たとえば、不動産投資をするにあたって不可欠の知識である、売れ筋の不動産のトレンドに関する講義は常に人気があります。ヴィンテージマンションや、リゾートマンションなどの定番不動産をはじめ、これから人気の出そうな不動産の特徴を色々と教えてくれたりします。

不動産投資に興味が無くても、実際に不動産投資で成功した人の講演を聞くのは非常に面白いので、参加してみると良いと思います。

 

不動産投資の際は実質利回りこそが大事です

不動産投資を始めたばかりの人は、収益物件を探すのに表面利回りのみを気にしていることが多いです。この表面利回りは、年間の賃料収入を不動産の購入額で割ったパーセンテージのことを指し、不動産業界では一般に使用される用語です。この指標は確かに有用ですが、より慎重に物件を探すなら、実質利回りにこそ目を向けるべきでしょう。

実質利回りとは、年間の賃料収入額から不動産維持費や固定資産税などの諸経費を差し引いた実質的な手取り額を、不動産購入代金で割ったパーセンテージのことを指します。いうまでもなく、不動産を購入して賃貸借に出した際に、実質利回りの方が正確な利益率を反映することになります。

不動産のような大きな買い物では、表面利回りと実質利回りでかなりのパーセンテージの差が出る場合があるため、後者の計算を覚えておくと便利です。

 

■ 神奈川の不動産情報
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar